初心者はまず積立投資をすべき?その理由とは

未分類

この記事は約1分28秒で読めます。

初心者はまず積立投資をすべき?その理由とは

積立投資とは

積立投資とは、積立型の投資信託のことを言います。毎月、一定額の「投資信託」を購入しながらコツコツと積み立てていくことを指します。投資信託(ファンド)は、各投資の人々から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめて、運用のプロが国内外の株式や債券などに投資・運用をして、その運用成果として生まれた利益を投資家達に還元するという「金融商品」です。

積立投資の主な特徴

積立投資には、いくつか特徴があります。まず、1点目は少額からでも投資を始めることができます。積立投資は少ない資金からでも始めることができ、月々500円~1,000円ほどの資金からでも投資が可能になっています。小さな資金をコツコツ積み上げる積立投資は、高額で投資するよりも、リスクを抑えながら資金を大きく増やす可能性を秘めています。2点目は購入するタイミングに悩まずに済みます。積立投資は購入したい金融商品を「毎月25日に500円ずつ購入」といった設定を自分で決めることができます。毎月の日にちと金額を設定しておくことで、自動的に買い付けを行います。本業の仕事で忙しい方も、積立投資を利用することで、売買のタイミングで時間で悩んだり、注文の手間をかけることなくコツコツと投資を続けるでしょう。3点目は分散投資効果が期待できます。積立投資は、少ない資金で投資を始めることができるので、資金を1つの金融商品に投資せず、様々な金融商品に分散して投資することで、比較的安全に投資をすることができます。

積立投資を始める前に注意すべき点

積立投資は、全ての人に合っている投資方法とは言えません。例えば、投資で短期間に大きな利益を出したい方には、積立投資は適した方法ではありません。積立投資は、長い期間積み立てていくことで複利効果が発揮され、次第に利益が大きくなっていくことが期待できます。複利効果とは、運用で得られた収益や利息を続けて投資することで利息がさらに利息を生んでふくらんでいく効果のことです。積立投資は、長期的に向けて堅実にリスクを抑えて資産運用をしたい方にオススメな投資方法です。また、積立投資は投資のプロに運用を委託するため、手数料がかかります。手数料は「販売手数料」「運用手数料」「解約手数料」の3つがかかります。販売手数料は、積立投資の商品を購入する時にかかる手数料です。ただし、商品の中には販売手数料がかからない場合もあります。運用手数料は、投資のプロに運用を委託するためにかかる手数料です。解約手数料は、積み立てた投資信託を換金した時にかかる手数料のことです。この解約手数料のことを「信託財産留保額」と言います。積立投資をするのにかかる手数料は各投資信託によって異なるので、事前に手数料の確認をするといいでしょう。

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です